ホーム事業紹介加熱炉

加熱炉

当社は世界的なエンジニアリング会社である、米国フォスターウィラー社と加熱炉の技術提携を開始して以来半世紀にわたって、 常に最新鋭の加熱炉を提供し続けています。その数は約400基に達し、みなさまのニーズに応えてあらゆる型式の加熱炉を提供しております。

主要製品

石油精製プラント用加熱炉

常圧および減圧蒸留等のプロセスの、 小容量から大規模プラントまで、ニーズにあわせて各種型式の加熱炉を供給しています。

水素製造装置用改質炉

水素製造用リフォーマーは特別な技術により設計されています。 米国フォスターウィラーと提携し、ユニークで高い評価を受けているテラスウォールタイプを国内外に供給しています。

石油化学用分解加熱炉

エチレン、塩ビモノマーをはじめ、 熱分解を利用するプラントには特別に考慮された分解加熱炉が必要です。当社はあらゆる要求に高い技術でお応えしております。

水添脱硫および水添プラント用加熱炉

高温、高圧の条件で使用される水添プロセス用加熱炉に対し、豊富な実績で最適な設計を行います。

化学・一般プラント用加熱炉

各種流体、蒸気などを効率よく過熱します。化学装置用水蒸気過熱炉などの超高温加熱炉実績も数多く有しております。

重質油熱分解装置(ディレードコーカー)用加熱炉

テラスウォールタイプの輻射部によりプロセス流体を均一に加熱します。オンラインスポーリング操作により長期連続運転が可能な加熱炉です。工場でケーシング、加熱管、ライニングをモジュール加工し、現地工事期間を短縮することが可能です。

このページの先頭へ

能力増強・更新工事

弊社では、既設設備のレトロフィットによる多くの既設設備の改造、近代化の実績を積み重ねて来ました。
改造工事の目的は劣化部分の更新、能力増強、省エネ・省力化、低公害化(低NOx化・脱硝設備)等、多岐にわたります。
ユーザーのニーズに応えて、工期短縮、アスベスト対策、法規対応など様々な問題を解決します。計画初期から建設、試運転、メンテナンスまで一貫したサポートを行っています。

反応部のフィジビリティスタディ、能力増強幅の決定、加熱炉廻りボトルネックの検討、改造範囲・仕様の決定、工事の実施

加熱炉能力改造例

既存設備の運転解析からボトルネックを明確にし、最小の投資で最大の能力を引き出します。

水素製造プラント <加熱炉形式>テラスウォール
改造前 改造後 増強能力
材質 設計温度 材質 設計温度
HK-40 900℃ HP-Nb-Ti 950℃ 130%
IN519 927℃ HP-Nb-Ti 960℃ 115%

設備診断・余寿命解析

加熱管余寿命、クリープ、熱応カ、浸炭、高温酸化等について診断・解析・助言を行います。


実機使用配管


スンプ法による組織観察 管外面側


スンプ法による組織観察 管外内面

関連リンク

このページの先頭へ